大阪市福島区の美容皮膚科|大阪スキンマニアクリニック|シミ・肝斑・フォトフェイシャル

大阪スキンマニアクリニック

美容皮膚科


お肌に刺激を与える添加物は使用せず、お肌へのやさしさを一番に考えました。

AHA(グリコール酸)0.6%配合

α-Hydroxy Acid(アルファヒドロキシ酸)の「グリコール酸」を配合しており、お肌を柔らかくしてから優しく古い角質層を溶かし、お肌の再生を促します。ライトでナチュラルにお肌のターンオーバーが出来ます。ターンオーバーが行われる事でメラニンを抑制しシミ・くすみにも効果的です。角質が肥大した毛穴詰まりや、ニキビにも有効です。柔らかくなったお肌は保湿力も高まり、乾燥肌の改善にもつながります。

美容皮膚科

石鹸の副産物ラウリン酸の量を抑制


ラウリン酸は石鹸の起泡性を高める成分で、全ての石鹸に必ず含まれています。しかし、ラウリン酸は石鹸成分の中で刺激性が最大であることが分っており(表1)、それはタンパク質変性作用が高いこと、表皮細胞への毒性が大きいことが原因となっています。また、洗浄後の皮膚への吸着残存率(グラフ1)が他の石鹸成分と比べて高いことから、洗顔時間に比例してリスクが増加することも特徴です。

石鹸の副産物オレイン酸の量を抑制


ラウリン酸と同様、元々、石鹸に含まれている天然成分で、親油性に優れることから洗浄力強化の役割を担っています。
しかし、オレイン酸は酸化しやすく、自らの酸化過程で毛穴周囲を肥厚させたり、硬く開いたままの毛穴を作り出します。また、オレイン酸はニキビの原因であるアクネ菌の発育を促進させるリスクがあります。(グラフ2)

心地良い使用感を放棄:石油系界面活性剤フリー


石油系界面活性剤は洗い上がりをしっとりさせるなど、機能性や使用感の改善に欠かせない成分です。しかし、水と油の両方へ科学的に"なじむ"と言う性質上、水と油が層状になっている表皮タンパク質へは瞬時に結合し、そもそも備えている高い浸透性と毒性を発揮して、断続的にタンパク変性を引き起こすリスクを持ちます。

長期保存性を放棄:遊離アルカリフリー


石鹸は空気中の酸素の影響で酸敗し、色や匂いを不快にします。石鹸を酸敗から守る役割を担うのがアルカリ剤で、未反応な状態で石鹸に存在する為「遊離アルカリ」と呼びます。未反応なアルカリ剤は反応性に富んでいる為、洗顔中に表皮タンパク質と反応し結合してしまうのです。すると皮膚表面ではタンパク変性や、細胞間脂質の溶出、皮膚pHの上昇が起こるリスクとなります。

製造効率を放棄:エタノールフリー


製造工程において少量の水に石鹸を溶かす事が出来ると、キレイな透明石鹸が出来上がります。しかし、少量の水で多量の石鹸を溶かし込むことは困難です。そのため強い溶媒(溶解を補助する成分)としてエタノールが多量に投入されます。結果、効率よく石鹸を作ることが可能になるのですが、エタノールは表面張力が低く揮発性が高いため、皮膚への浸 透性を高めたり、皮膚を乾燥へと導いたりするリスクがあります。

防腐剤:パラベン・フェノキシエタノールフリー


防腐剤パラベンは「メチルパラベン」「プロピルパラベン」「ブチルパラベン」「ベンジルパラベン」の種類があり、 化粧品を安定的に保存する為に使用します。

香料・合成着色料フリー


アレルギー反応リスクのある合成香料無添加。 発ガン性・アレルギー性もある合成着色料無添加。

抗炎症・抗アレルギー作用のグリチルリチン酸2K配合


グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム)は、マメ科の甘草(カンゾウ)から抽出した成分「グリチルリチン」の誘導体です。甘草は砂糖の100倍とも200倍とも言われるほど強い甘みを持ち、この甘みの主成分がグリチルリチンです。グリチルリチン誘導体はグリチルリチンを水に溶けやすくしたもので、すぐれた抗炎症作用・抗アレルギー作用を持つことが知られており、医薬部外品原料規格や日本薬局方外原料規格に収載された成分として医薬品・化粧品分野で多用されています。

美容皮膚科

スクワラン配合


深海鮫の肝油から水素添加させて精製した天然の保湿剤。潤滑性・保湿性に優れていることから化粧品には多く使用されています。オイルの中でも皮膚刺激が無く皮脂膜にも含まれる成分で安全です。 肌なじみが良い特徴があり、保湿効果が高くお肌のバリアとして働きます。

[ 新陳代謝の促進 ]

スクワランには、酸素を身体全体へ行き渡らせる作用があります。酸素が不足すると新陳代謝は正常に行われません。スクワランにより酸素を補給することで、体内細胞の酸素不足を改善させ、新陳代謝が促されます。

[ 美肌効果 ]

スクワランによって新陳代謝が促進されることにより、肌細胞の生まれ変わりも活発になります。新陳代謝による肌細胞の生まれ変わりをターンオーバーと言いますが、これを促進することでシミやくすみなどを予防することができます。また、肌の乾燥を防ぐ効果もあります。

美容皮膚科

ビタミンB12成分を配合してピンク色に仕上げました。


美容皮膚科


手のひらで良く泡立て、お顔全体を泡で包み込むようにマッサージしながら優しく洗います。その後、ぬるま湯でよく洗い流してください。泡立てネット等を使うと、より弾力のある泡立ちになります。
ボディソープとしてもご使用になれます。

ご使用上の注意


◇ 目に入ったときはすぐに水又はぬるま湯でよく洗い流してください。

◇ 傷やはれもの・しっしん等、異常のある部位にはお使いにならないでください。

◇ 化粧品が肌に合わない時(下記のような場合)は、そのまま化粧品類の使用を続けますと
 症状を悪化させることがありますので、使用を中止し皮フ科専門医等へご相談ください。

  ① 使用中、赤み・はれ・かゆみ・刺激等の異常があらわれた場合
  ② 使用したお肌に直射日光があたって上記のような異常があらわれた場合

  • ご使用後は水分をよくきり、乾燥した場所で保管してください。高温多湿または低温の場所、直射日光のあたる場所や照明があたる場所には保管しないでください。
  • 乳幼児の手の届かないところに保管してください。
  • 開封後はお早めにご使用ください。
  • 天然系成分を使用しているため、時間経過にともない、色が薄くなったり、白く結晶化する自然現象が出る場合がありますが、製品の劣化ではありませんのでそのままご使用いただけます。

アミノ酸の一種で、成長ホルモンの分泌を促進し、筋肉組織を強くしたり、免疫力を高める効果があります。また、アンモニアの解毒や血管の拡張による血流改善効果があります。さらにアルギニンは肌を保湿し、新陳代謝を促すことで、美しい肌へと導きます。

全成分


カリ含有石ケン素地、DPG、水、グリセリン、スクロース、ソルビトール、ステアロイルグルタミン酸2Na、グリコール酸、スクワラン、エチドロン酸4Na、グリチルリチン酸2K、シアノコバラミン
ページトップへ