メディカルダイエット | 大阪スキンマニアクリニック| 大阪市福島区 美容皮膚科

大阪スキンマニアクリニック

美容皮膚科

メディカルダイエット

各雑誌で多数紹介されている話題の『痛くないメディカルダイエット』ヴァンキッシュME

雑誌でも話題の BTLヴァンキッシュME™

いつの間にかお腹回りについた「ぜい肉」

エクササイズに励んでいるのに、あと一歩のところでなかなか落ちない頑固な「ぜい肉」に、手を焼いていませんか?

脂肪吸引や体型矯正に興味はあるのだけれど、身体への負担が大きいことや、痛みがあること、そして、かなり高額であることを知って、躊躇していませんか?

雑誌でも話題です

美ST、GULITTER、LEON、Men’sbeauty など女性だけではなく、男性にも支持されています。


新型BTLヴァンキッシュME™による治療


最新の非侵襲的技術を導入した新型BTLヴァンキッシュ ME™により、ボディシェイプ(痩身)はかつてないほど簡単に行えるようになっています。


  • ・針や麻酔は使いません。
  • ・腹部全体をカバーする、最大のスポットサイズに対応する機器です。
  • ・治療は1時間以内で終わります。
  • ・副作用の心配がほとんどありません。
  • ・痛みはなく、ダウンタイムもありません。
  • ・効果が持続することが科学的に証明されています。

BTLヴァンキッシュME™は、特許取得済みのセレクティブRF™技術を用いた非接触型の医療用痩身機器です。
治療範囲も広く、最高レベルの快適さと安全性を兼ね備えています。
最小限の照射量と施術時間で、気になるウエスト回りやヒップ、太もも周りを引き締めることができます。


広範囲に均一な施術が可能

ヴァンキッシュ ME のメカニズム

フィールドセレクティブRF™

  • ・アプリケーター内には、+ とーが交互に入れ替わる複数の電極があり、RF(高周波)が照射されます。世界初の非接触で、皮下1cmの部分にRF(高周波)を照射し蓄熱させてアポトーシスを促します。
  • ・広範囲を一度に治療することが可能です。

※アポトーシス(生理的な死)とは
脂肪細胞に42°C~45°Cの熱を加えると、徐々に自然崩壊し、マクロファージの貪食によってリンパ管を通って肝臓の廃棄物として処理されます。


温度分布について

  • ・焦点距離は、表皮より10mm
  • ・表皮より5mm – 15mmの組織を44℃ – 45℃で加熱

よくあるご質問


Q. どのような効果が期待できますか?

  • ・ウエストが目に見えて引き締まるという効果が、多くの人に見られます。
  • ※効果の出方は、さまざま要因による個人差があります。

Q. 治療はどのくらい受ける必要がありますか?

  • ・数週間のうちに5回程度の治療を受けることをおすすめいたします。
  • ・通常は、7~10日の間隔を空けた治療計画を立てます。(多くの患者様は、数週間で効果を実感されています)

このようなお悩みの方にBTLヴァンキッシュME™をお勧すすめいたします

  • 〇エクササイズやトレーニングが続かない方
  • 〇食事制限が苦手な方
  • 〇痛みを伴う治療や、手術に抵抗がある方
  • 〇ダイエットに興味があるのだけれど、時間をかけたくない方(BTLヴァンキッシュME™はダウンタイムは必要ありません)

[ 施術症例 ]


エレクトロポレーションキャビシェイプ との併用がさらに効果的です。


ヴァンキッシュME™とエレクトロポレーションキャビシェイプのリンパマッサージ効果とは相性がとてもよいため、早く効果を実感されたい方には併用をお勧めしております。
料金がお得になるメニューもご用意しております。

フェイスダイエット(顔やせ/小顔)BNリポスカルプティング注射

BNLSは植物から抽出した成分を主成分とした、顔の輪郭形成のための新しい脂肪溶解剤です。(大豆由来ではございません) リンパ循環作用、脂肪溶解作用、肌のひきしめ作用でこれまでの脂肪溶解剤よりも迅速に顔面の脂肪量の減少を実感していただけます。






[他の脂肪分解溶液と比較したBNLSの特徴]
・他の脂肪分解溶液と比較して浮腫や熱感を伴いません。
・他の脂肪分解溶液と比較して早い段階で脂肪量の変化を確認することができます。
・1週間の治療間隔で行うことができます。
(他の脂肪分解溶液の場合、通常2~3週間の間隔を要します。)

◎治療部位:顎のライン、頬や頬骨部、鼻や小鼻など (上眼瞼はしておりません)



Diet-Filer 脂肪溶解注射

二の腕のプツプツの症状(毛孔性苔癬)

手術せずに気になる部分に注射をすることで脂肪を溶解して痩身を行う方法です。 二の腕、お腹、太もも、ふくらはぎといった部分に注入が可能です。 約2~3週間おきに数回の注入がおすすめです。

[脂肪溶解注射の特徴]
・気になる部分の部分やせができる
・凹凸になるなどの心配がない
・セルライトにも効果あり
・アレルギー発生率が低く安全性の高い薬を使用

◎注射単独もしくはエレクトロポレーションキャビシェイプのオプションとして追加できます。

エレクトロポレーションキャビシェイプ

二の腕のプツプツの症状(毛孔性苔癬)

エレクトロポレーションによる空洞化現象(キャビテーション)と肥満患者向けに開発されたハーブエキスを使用することにより脂肪の代謝をアップ、セルライトの改善、リンパマッサージ効果による部分やせを促すメディカルエステです。

ふともも/ふくらはぎ/下腹部 etc...
その他の部位については、医師にご相談ください。

2~3週間ごとのケアがおすすめです。

◎オプションで脂肪溶解注射を追加できます。


ページトップへ