大阪市福島区の皮膚科|大阪スキンマニアクリニック|にきび・アトピー治療

大阪スキンマニアクリニック

一般皮膚科

一般皮膚科

保険診療による一般の皮膚科診療を行っています。
(アトピー性皮膚炎、じんましん、湿疹、帯状疱疹、円形脱毛症、ニキビ、タコ、魚の目、イボ、水虫など皮膚に関するトラブルについての診察)

全ての施術の適応、ダウンタイムなど治療に関して、詳しくは診察にてお尋ねください。

イメージ

  • 受付
    [受 付]
  • 入口
    [入 口]
  • 待合室
    [待合室]
  • 診察室
    [診察室]
  • 処置室
    [処置室]
  • ヒーリングルーム
    [ヒーリングルーム]
  • パウダールーム
    [パウダールーム]
  • 中待合
    [中待合]
  • マウスを重ねると左のウインドウに大きく表示されます。

 

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎は、かゆみが強く、繰り返す慢性の湿疹と皮膚のドライスキンが特徴的な皮膚病です。

湿疹の出る部位は、年齢にもよりますが主に顔・頭・首・ひじの内側、ひざの裏側などに多く現れます。
かゆみがとても強いため、掻き過ぎると組織液が出て皮膚がジュクジュクした状態になります。
アレルギー体質のある家系にでやすい傾向があり、空気の乾燥による冬場に悪化することが多く、予防のためにはていねいなスキンケアで空気の乾燥から肌を守る事が大切です。

治療の外用薬としてステロイド剤、免疫抑制剤、保湿剤を使います。
入浴後は、皮膚の脂分も洗い流されるため、とても乾燥しやすくなっています。
保湿剤はお風呂上がりのまだ湿潤しているときに塗るのが理想的です。

また、日々の生活の中でもアトピー性皮膚炎の症状を悪化させる危険因子がたくさんあります。
特に幼いお子様の場合、食べ物や衣服、汗、ダニやハウスダストなど環境的な要素が原因となっている場合も多く、生活の工夫によって発症を減らすこともできるので、悪化因子を探しそれを避けることで症状の悪化を防ぐことができます。

アトピー性皮膚炎のつらい症状でお悩みの方は、ぜひご相談ください。

脂漏性皮膚炎とは

脂漏性皮膚炎とはどんな病気?

皮膚では皮脂腺から毛孔を通じて皮脂が分泌されていますが、この分泌が多くなった状態を脂漏(しろう)と言います。脂漏を基盤として、紫外線やカビ(真菌)などによって皮脂が脂肪酸に分解され、炎症を引き起こすことがあります。これが脂漏性皮膚炎です。
また、脂漏性皮膚炎を発症・悪化させるものとして癜風金(でんぷうきん)という真菌が関与していることが報告されています。この菌は脂を好む菌ですが、皮膚に普通に存在しているものです。ところが、脂漏性皮膚炎になると、この菌が異常に増える症例もあることがわかっています。

脂漏性皮膚炎とフケ症は同じ病気ですか?

フケは頭皮の老化した角質細胞がはがれ落ちるもので、生理的なものです。普通はそれほど目立たないので、洗髪などで流されてしまい、気になるものではありません。しかし、何らかの原因ではがれ落ちる量が増えると、フケが目立つようになり、“フケ症”と呼ばれるようになります。フケ症になると、かゆみを伴ったり、炎症が起こることもあります。
フケ症は体質的に皮脂の分泌の多い人がなりやすく、その大部分は脂漏性皮膚炎の軽いもの、あるいは前段階と考えられます。

気になる症状がある場合は、お気軽にご相談ください。

≫ 美容皮膚科のページはこちら

ページトップへ